※ご自身で台北駐日経済文化代表処の領事認証を取得される方向けにお答えしています。

お住まいの地域、文書の種類によって異なってきます。
まず、公文書の場合はお住まいの地域を管轄している公的機関で書類を発行していただきお住まいの地域を管轄している代表処に認証を申請しに行きます。

一方で私文書の場合、私文書をお住まいの地域を管轄している公証役場に持っていただいて認証を取得し、法務局で法務局長押印証明を取得してください。そのあと、お住まいの地域を管轄している代表処に認証を申請しに行きます。

台湾の代表処で申請する際に必要となる書類は下記に通りです。

(1)文書証明申請書(台北経済文化代表処HPにてダウンロード可)
(2) 公文書(私文書)の原本及びそのコピー1部
(3) 本人の身分証明になるもの(旅券か、運転免許証)とそのコピー
※なお、文書を会社名義で作成した場合は、会社の印鑑証明書及び登記簿謄本の添付が必要。
(4) 会社が申請者として社員が出頭する場合、社員証明と社員の身分証明になるもの(旅券か、運転免許証)とそのコピー
※文書の認証を受ける際、訳文付きの場合は基本手数料のほかに、訳文認証の料金が必要となります。
※通常申請の場合は3日後に、加急申請の場合は翌日に受領することができます。
※加急申請の場合、手数料が別途50%必要となります。

台湾の場合、全国に多くの代表処、分処がございます。それぞれの管轄地域に注意して申請を行ってください。

遠方にお住まいですべての手続きをご自身でされる場合は3週間ほど認証を取得するまでに必要です。

台北駐日経済文化代表処管轄内にお住まいの方で、お急ぎの場合、公証役場の認証から代表処の認証取得まですべての手続きを必要とされる場合、登記簿謄本に領事認証が必要な場合などは弊所が代行させていただくことが可能です。同サイトお問い合わせフォームよりご連絡をいただきますと1営業日以内にご返答します。お気軽にお申し付けください。